活動紹介活動内容とメンバーをご紹介

私たちの想い~人から愛される人になる~

人から愛される人になる。
人から応援され、何事にも挑戦できる人になってほしい。
そのために必要なのは、自分を表現する力やどんなことも笑いにかえる力です。
Lauqhterでは落語やエンタメの力を使って唯一無二の自分の存在価値を知る機会や、人に笑ってもらうことの喜びを感じられる場所をご提供しています。

「落語ってなんだか古臭い…」と思っている方も多いのではないでしょうか。そんなイメージを払拭し、「自分の身近なところにも落語ってあるんだな!」と親近感がわくような時間をお届けします。
これであなたも噺(はなし)に登場する!
キャ“ラクター”!日常会話で使えるユーモラスな言葉選びや人前に立つ勇気を身につけてもらえたら嬉しいです。

✿小学校
・京都市立小栗栖宮山小学校(4・5・6年生の国語の時間に実施)
・京都市立小野小学校(4年生の国語の時間に実施)
・神戸市立こうべ小学校(国際フェスティバルにて日本文化代表で落語授業を行う)
・柏市立大津ヶ丘第一小学校(4年生の国語「ぞろぞろ」の単元にて)
・坂戸市立入西小学校(バーチャル修学旅行の時間に落語の世界へタイムスリップ)

✿中高等学校
・兵庫教育大学附属中学校(キャリア探究総合の連続授業担当)
・中野区立東中野中学校(国語の時間「話す力」の時間に落語を行う)
・松戸市立東松戸中学校(英語落語の時間に落語を深める)
・洗足学園中学高等学校(アートフェスティバルにて)
・東京都立竹台高等学校(笑い健康塾にて)

✿学童
・ウィズダムアカデミー(都内の校舎を回りワークショップの講演)
ハウマイツ・スクール(日本文化を深める時間、落語の授業を行った)
・Bunbu学院(落語の面白さを触れる落語ワークショップを実施)
・コサイエ(落語の面白さを触れる落語ワークショップを実施)

✿学習塾
・花まる学習会(落語の面白さを触れる落語ワークショップを実施)
・N-Labo.(第三土曜日にコラボ教室をオンラインにて開催「三度の飯より笑いの日」)
・T-KIDS(第二日曜日にコラボ教室をオンラインにて開催)

✿企業
・株式会社PST太陽(企業研修として落語を使った話す力を育てるワークを実施)
・一般社団法人ジンジン(法人の歴史を落語にしてお届け)

✿その他
・都城市総合文化ホール(都城市の地域の人たちが親子で落語ワークショップに参加)
・フランス日本語学校 EKKA(フランスの子どもたちに落語を通して日本語と日本文化の楽しさを伝えるレッスン)

過去開催したワークショップ内容 ~お伺いした場所の紹介~

✿小学校
・京都市立小栗栖宮山小学校(4・5・6年生の国語の時間に実施)
・京都市立小野小学校(4年生の国語の時間に実施)
・神戸市立こうべ小学校(国際フェスティバルにて日本文化代表で落語授業を行う)
・柏市立大津ヶ丘第一小学校(4年生の国語「ぞろぞろ」の単元にて)
・坂戸市立入西小学校(バーチャル修学旅行の時間に落語の世界へタイムスリップ)

✿中高等学校
・兵庫教育大学附属中学校(キャリア探究総合の連続授業担当)
・中野区立東中野中学校(国語の時間「話す力」の時間に落語を行う)
・松戸市立東松戸中学校(英語落語の時間に落語を深める)
・洗足学園中学高等学校(アートフェスティバルにて)
・東京都立竹台高等学校(笑い健康塾にて)

✿学童
・ウィズダムアカデミー(都内の校舎を回りワークショップの講演)
ハウマイツ・スクール(日本文化を深める時間、落語の授業を行った)
・Bunbu学院(落語の面白さを触れる落語ワークショップを実施)
・コサイエ(落語の面白さを触れる落語ワークショップを実施)

✿学習塾
・花まる学習会(落語の面白さを触れる落語ワークショップを実施)
・N-Labo.(第三土曜日にコラボ教室をオンラインにて開催「三度の飯より笑いの日」)
・T-KIDS(第二日曜日にコラボ教室をオンラインにて開催)

✿企業
・株式会社PST太陽(企業研修として落語を使った話す力を育てるワークを実施)
・一般社団法人ジンジン(法人の歴史を落語にしてお届け)

✿その他
・都城市総合文化ホール(都城市の地域の人たちが親子で落語ワークショップに参加)
・フランス日本語学校 EKKA(フランスの子どもたちに落語を通して日本語と日本文化の楽しさを伝えるレッスン)

スタッフメンバーのご紹介

  1. 代表理事

    落語教育家 楽亭じゅげむ(小幡七海)

    学生時代は関西の女子大学で唯一の落語研究会に所属。地域のイベント、老人ホーム、お寺や神社等、屋内野外関わらず様々な場所で落語活動を行う。第1回尼崎落研選手権では「特別賞」受賞、第13回全日本学生落語選手権策伝大賞にて「敢闘賞」受賞、第14回全日本学生落語選手権策伝大賞にて、「最優秀賞」受賞。その経験を経て、落語を知らない人達へ落語の魅力を伝えるために京都市にて小学校教員になり、落語クラブを設立。落語を演じる子どもたちから滲み出る「個の魅力」「人を笑わす喜びを感じられる落語という教材」に他に代えがたい価値を感じ、「落語を教育カリキュラムにして全国へ広めよう!」という思いから教員を辞め、「落語教育家」として活動。Lauqhter(ラクター)という個人事業を立ち上げる。花まる学習会にて、子どもの魅力を引き出す教育現場に携わりながら、幼稚園から大学生、企業研修等、 全国各地で落語出前ワークショップを行っている。

  2. 理事

    漫才教育家 ピン芸人かける

    【プロフィール】
    お笑い芸人としてよしもとクリエイティブエージェンシーからデビュー。MC、落語、インプロバイザーとしても活動。 また表舞台に立つ一方で、テレビやライブ、YouTubeの構成作家、演出、アイドルのプロデュースなど裏方としても活動。近年はお笑いに教育的価値を見出し、教育の現場で年中~小学6年生までの子ども160人に毎週「メシが食える大人」になるための授業を行う。漫才ワークショップでは、芸人と教育の知見を活かし、子ども同士での漫才や、親子漫才など「漫才教育」を通して、日常を面白がれる人を増やしている。

    【実績】
    ◆中学校
    品川女子学院(コミュニケーションの楽しさを学ぶためにインプロの授業を行う)
    ◆学童
    ・Bunbu学院(1から漫才を作って漫才公演を行う漫才ワークショップを実施)
    ・コサイエ(芸人のリアクション、漫才作り、漫才公演までのワークショップを開催)
    ◆学習塾
    ・花まる学習会(漫才を実際に作る漫才ワークショップを実施)
    ・スクールFC(日常からボケを見つけ出し、ツッコむ体験、漫才をやるワークショップを実施)
    ・西郡学習道場(言葉遊び、ツッコミ探し、ネタ作り、漫才をやるワークショップを開催)
    ◆企業
    ・TOKYO創業ステーションStartup Hub Tokyo(お笑いに学ぶ自己紹介セミナー開催)

  3. 講師

    楽亭 えみりー (吉田 恵実子)

    子どもの頃落語を学び、「落語教育の素晴らしさ」を体感してきた一人。落語教育講師として活動中。

    【えみりーからのメッセージ】

    小学3年生の時に初めて生の落語を見て以来、大学生の今に至るまで落語が大好きです。当時小学校には落語クラブがあり、本物の落語家の師匠から3年間毎週稽古をつけてもらっていました。一番好きな噺は、最後に自分で演じた「たらちね」です。小さい頃は人前に出るのも苦手なシャイな子供でしたが、落語を聞きそして演じる中で、自分自身で面白いものやことを発見すること、そしてそれを人に伝えることの楽しさを知ることができました。

    落語の物語には、ヒーローと悪役だけではなくて、どこか抜けている与太郎や、早とちりで知ったかぶりな熊さん、困った時に一緒に悪知恵を働かせてくれるご隠居さんなど、私たちと等身大の個性豊かで愉快な登場人物がたくさん出てきます。落語を演じることは、そんな彼らの視点から世界を眺めてみることなんじゃないでしょうか?

    今も昔変わらない「人間らしさ」がたくさん詰まった落語の魅力を楽しみながら、私たちの毎日にも隠れている小さな面白さや楽しさを見つける、そんな時間を皆さんと一緒に作っていけたら嬉しいです。